増毛法にも沢山の種類がある!

育毛よりも増毛法の勧め

 

薄毛を気にする男性

増毛法と呼ばれるものには、沢山の種類があります。増毛スプレーや育毛剤、育毛シャンプーなども場合によっては増毛法と呼ばれます。また、まつ毛をフサフサにする為の方法として増毛法と言う言葉が使われることもあります。

 

当サイトでは主にアートネイチャーやアデランス、スヴェンソンなどで知られる人工毛を使った頭髪の薄毛に対する増毛法について解説してみたいと思います。各増毛サロンによって増毛法の種類も異なりますし、価格や値段も異なります。

増毛法の種類について

増毛法には主に編み込み式、結毛式、シート式の3つが挙げられます。全ての種類で人工的に作られた髪の毛が使用されています。増毛と間違えられる方法として「植毛」がありますが、植毛の場合は自毛を使った自毛植毛という外科手術になります。

 

人工毛を使った増毛に関しては、全体的に「痛み」を感じたりする施術は行われません。逆に植毛に関しては、後頭部や側頭部の毛を毛根ごと移植する手術になります。そのため、麻酔を用いた施術となります。

 

薄毛の部位や増やす量によっても、増毛法を選び分ける必要がありますし、各サロンでは一つの種類だけでなく、複数の種類を準備している場合もあります。以下に一つずつ解説していきたいと思います。

 

編み込み式(スヴェンソン式増毛法)

スヴェンソン愛用者

編み込み式で有名なのはスヴェンソンです。この増毛法はただ単純に髪に編み込むという事ではなく、まず特殊な糸を使い「土台」を形成します。スヴェンソンでは特殊な技術が使われていて、これによって人工毛を編み込み、頑丈で自然な頭髪を作ってくれるのです。

 

編み込み式増毛法であれば、24時間付けたままで生活が可能です。また、カツラのように取り外したりする必要もないため、お風呂場での面倒なメンテナンスも発生しません。土台が糸で出来ているため、金属類を使う事もなく、頭に違和感を感じながら生活する事がないです。

 

スヴェンソンの愛用者は芸能人や有名人にも多く、某サッカー解説者や漫画家の方もスヴェンソンの愛用者です。増毛していると言われても、周りからはドコを増やしているのか分からないほど自然な見た目を作れるのが編み込み式の魅力です。

 

マイナス面としては、やはり自分の髪の毛ではないため自毛が伸びると長さのバランスが悪くなってきます。その調整(メンテナンス)が月に1回、もしくは2か月に1回必要になります。プランによってはワンデープランなど短期間のみ使用したい要望にも応えられるプランもあります。詳しくは資料を請求して確認してみてください↓

 

【資料請求後の勧誘について】

 

スヴェンソンの資料

資料請求後の電話勧誘や郵送DMが気になる人もいると思いますが、実際に私の場合は1度電話がありましたが「必要であればこちらから電話します」と伝えたら快く受け答えしてもらえ、その後電話勧誘は一切ありません。また、郵送はスヴェンソンからだと分からない封書のキャンペーン案内が半年に一回くらい届くか届かないか程度です。ここ1年くらいは届いていませんし、もう届かないかもしれません。届いても開けない限り家族にばれる事も無いので安心です。資料はスヴェンソンというより増毛に関する情報がかなり濃く説明されていますので、取り寄せて正解でした。今でも時々見直すほど充実しています。

スヴェンソンの無料資料請求がおすすめ↓↓

増毛ネット

 

シート接着式(アートネイチャー)

特殊な極薄シートの上に、人工の髪の毛を植毛し、そのシートを地肌に貼る増毛法です。以前は蒸れたり被れたりといった皮膚トラブルが多く、また外れてしまったりといった粘着力の弱さが指摘されることが多かったです。

 

その点、最近ではアートネイチャーのレクア、ヘアフォーライフといったシートタイプの増毛法では大きく改良されています。通気性を保ち、かつ強力な粘着力を持つ特殊なシートと安全な接着剤の開発に成功しています。

 

例えば、M字ハゲが少しだけ進行していて、その部分だけ増毛したいといった要望に関しては、シート式の増毛法が最適です。少しの増毛で良いのに、大きなカツラを被ったりする必要もなくなり、シート式で快適に初期段階のAGAをカバーしている男性も増えています。

 

シート式のマイナス面としては、やはり接着剤が肌に合わないケースがあるようです。湿度が高くなり、蒸れて毛穴が炎症したりといったトラブルもあるようです。これに関してはかなり改良されていて問題ないと言われていますが、実際に試してみて判断するしかないでしょう。

 

アートネイチャー無料体験実施中です↓↓

 

結毛式(アートネイチャー、アデランス)

増毛中の男性

結毛式で有名なのがアートネイチャーとアデランスです。自毛1本1本に人工毛2〜6本程度を結びつけて増やしていきます。編み込み式よりも細かい為、手間はかかりますがコチラも見た目は非常に自然です。

 

1本1本に結び付けていきますので、自分の髪の毛が抜けると一緒に人工毛も抜け落ちる事があります。ただし、結毛式も普段のメンテナンスは不要ですし、メンテナンスの際に補充して長さの調整を行うので見た目の自然さは保つことが出来ます。

 

アートネイチャーのマープやアデランスのピンポイントフィックスで有名な結毛式も、編み込み式同様に長さや本数の調整といったメンテナンスが必要となります。こちらも1か月、もしくは2か月に1度が目安とされています。

 

アデランス無料体験実施中です↓↓

 

増毛を検討している人は、無料サービスは積極的に活用していくと良いですね。スヴェンソンは無料でDVD付き資料が貰えて、スヴェンソンの事だけでなく増毛について分かりやすく解説されています。アートネイチャーやアデランスでは、実際に試してみるための無料体験が準備されています。申し込むかどうかは別として、無料で実際に増毛してもらえるチャンスですので活用しない手はないですね。各サロンの詳細は画像をクリックすると確認できます!

女性の増毛法について

近年は女性の社会進出により、男性同様に薄毛で悩む人が増えています。ある調査では、成人女性の10人に1人が薄毛で悩んでいると言われている時代です。当然、女性で増毛を必要としている人も多いわけであり、女性向けの増毛法も開発されて提供されています。女性の増毛法を紹介したいと思います。

 

結毛式(レディースアートネイチャー)

レディースアートネイチャーの結毛式増毛法であるレディースマープは人気の商品です。女性の場合は男性とは違う薄毛の進行が特徴であり、女性の薄毛に合わせて増やし方が可能なのも結毛式の良いところです。

 

カツラのように被るものではなく、徐々に増やしたい本数だけ増やしていけるので、周りからも変化に気づかれることは少ないのが特徴です。よほど人の髪に関心がある人などでない限り、髪が増えている事に気づかれることはないでしょう。

 

カツラ(レディースアートネイチャー)

こちらはウィッグと呼ばれることが多い、いわゆるカツラです。女性の場合は男性と違ってウィッグを付けている人も多く、おしゃれ感覚で使われることが多いです。そのため、結毛式の増毛よりもウィッグを選ぶ女性が多く人気が高いです。

 

例えば、アートネイチャーのウィッグはフルオーダーメイドで製作され、毛質やカール具合の再現、軽量化、抜群の通気性などが実現されていて、薄毛女性には大変評価されています。

 


このページの先頭へ戻る