マープ増毛の種類や特徴の違い等

このマープ増毛はより細かく見た時に目的やスピードなどの違いによりマープナチュレ・マープトレン・マープソニック・マープマッハなどの4つの種類に分かれていますので、利用する際にはご自身の求める所によりいずれか選択する事ができます。

 

マープの種類一覧

 

最近だと構想期間7年のマープライブと呼ばれる増毛法が評判です。基本的な仕組みは今までのマープと同じですが、三つ葉の形をした人工毛を使用した増毛法になる点が大きな特徴です。また、クローバー構造と呼ばれ、@髪が束になりにくい、Aハリ・コシがパワーアップ、Bボリュームアップの3つのポイントがあります。

 

マープライブ

【マープライブの人工毛】

 

まずマープナチュレとは極細人工毛を用いて微細でふんわりした髪質にすることができ、自毛1本あたりに人工毛をシングル(2本)・ダブル(4本)・トリプル(6本)といずれかの本数を取り付けることになります。

 

何本取り付けるかにより髪のボリュームを調整する事が出来るとともに、徐々に増やしていくスピードを調整することが可能になります。

 

マープ増毛者

つづいてマープトレンについてですがこちらは髪質の点で大きな違いがあり、ナチュレよりも太い人工毛を取り付ける事が大きな特徴になります。

 

太い人工毛の場合はハリがありますので、全体的に強くてコシのある髪にすることができ、特に自毛が太い方の場合は自毛と人工毛がマッチしやすく自然な印象に見せる事ができます。

 

また取り付け箇所としては分け目やつむじなどが特にお勧めで、自毛1本あたりに人工毛をシングル(2本)・ダブル(4本)のどちらかの本数を取り付けることになります。

 

マープソニック体験者写真

 

続いてマープソニックとは、自毛に人工毛を取り付ける上記の方法とは大きく変わり、人工毛があらかじめ結び付けてあるひも状のライン素材を自毛に等間隔で結びつけて気になる箇所をカバーする方法になります。

 

このマープソニックの場合は髪1本1本に施術を行うのではなく、あらかじめ人工毛が取り付けてあるラインを固定することから作業は非常に早くなる点が大きな特徴で、わずか20分間の施術で最大4000本ほどを増やすことが可能になります。

 

マープ料金プラン

 

またマープマッハも人工毛を取り付けたラインを自毛に固定する方法になるのですが、こちらの場合は施術のスピードが早いながらも毛量を細かく調整できる点が特徴になり、20分間の施術の中で2000本・3000本・4000本のいずれか増毛する事ができます。

 

このようにマープ増毛法を大きく分けると、自毛に直接人工毛を取り付ける方法と人工毛があらかじめ付いているラインを取り付ける方法の2種類に分かれおり、さらに髪質やどれだけの量を増やすかにより4種類に分かれていますので、それぞれの特徴や違いを踏まえつつご自身の求める所に応じてコースを選択する事ができます。


このページの先頭へ戻る